2017年11月23日木曜日

インドネシアにおける「慰安婦」問題の調査研究から学んだことー木村公一


先週、ソウルで開かれた、「慰安婦」被害者たちの叫びをユネスコ世界記憶遺産に登録する努力をしてきた「国際連帯委員会」の会合に参加された木村公一さんから、会合で発表された内容を記した原稿の投稿です。日本政府の「妨害」でユネスコ世界記憶遺産への登録が保留になったことを受け、今後の対応を話し合われたそうです。結論的には、ユネスコの仲介で、日本の登録を推進してきた運動体と日本政府の話し合いを進めるようにするとのことになったと木村さんにお聞きしましが、詳しくは公式の発表を待ちたいと思います。  崔 勝久



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この文書は、去る1116日ソウルで開かれた「国際連帯委員会」の会合で公けにしたものです。この委員会は「慰安婦」被害者たちの叫びをユネスコ世界記憶遺産に登録するための世界8カ国からなるものです。筆者の木村公一はSolidarity Network for Indonesian “Comfort Women”の共同代表のひとりとして関わっています

応答批評的方法
インドネシアにおける「慰安婦」問題の調査研究から学んだこと
In Seoul, 2017/11/17
木村公一
Rev. Dr. Koichi Kimura, Th. D.

はじめに
会社員19万人の巨大企業・東芝が原発事業にからみ不正会計(損失隠し)事件を起こし、経営破綻に直面した。東芝の不正をあばいたあるジャーナリストはその原因は「簿外債務を隠し続け、問題解決を先送りにし続けたことで、取り返しのつかない事態を招いてしまった」ところに見ています。

それでは日本政府はどうでしょうか。日本政府も日本軍の性奴隷制犯罪の歴史を「簿外帳簿」の中に隠蔽してきたのです。彼らの手口は東芝のそれと全く同じで、そのために、国民は「慰安婦」問題について的確な判断を可能にする資料を入手することが困難になっている一方で、政府は右翼団体の歴史の改竄運動を利用しているとさえ見うけられます。国家的な犯罪の事実を「簿外債務」によって隠蔽しても、それは、いつの日か決済しなければならない、ということが歴史の教訓です。

わたしは、インドネシアで「慰安婦」被害者の調査を通して、調査の原則と方法を学びました。この問題の本質に接近するためには、私たちには、欠かすことのできない価値観、すなわち、共感と想像力が必要なのです。調査する者は想像力によって、被害者の痛みと叫びを可能な限り自分自身に引きつけながら、証言を聞き取り、女性としての尊厳を蹂躙された彼女たちの視座から、この「軍事性奴隷制」の史実を再構成する道をあゆまねばならないのです。
インドネシアにおける調査研究で、わたしはアジアにおける「民衆の神学」やラテン・アメリカにおける「解放の神学」の方法論から重要なヒントを得ました。日本人であるわたしにとって、この事件を眺める《中立的で没価値的な場》などは何処にも存在しないということです。さらに言えば、私たち日本人はすべて、人間同胞として、被害者たちの叫びに共感しつつ、この事件に歴史的に応答するよう招かれているのです。なぜなら、この事件は自然発生的な現象ではなく、むしろ、立案と政策と実行した者たちによって造られた計画的なたくらみであったからです。

この組織的暴力は、男と女の性関係を、軍事組織の力で支配と被支配の主人・奴隷関係に置き換えました。女たちを恐怖状態にとどめるこの組織的レイプは、兵士たちが「女奴隷」たちに対する支配力を自分の意のままに操ることのできる武器となって、行使された力を回避できない女たちは、深刻な屈辱感と嫌悪感の独房に監禁されたのです。

ひとりの男とひとりの女の真正な性関係は、我と汝という人格関係において、が、彼らの存在を丸裸にして向き合うところに成り立ちます。けれども、この「主人」たちと「女たち」との間には、なにひとつ「性関係」と呼びうるものはありません。これがレイプという究極の暴力なのです。そこから一つの事実が見えてきます。それは、日本軍性奴隷制とは、単に兵士の性欲の履け口としての装置であっただけでなく、占領地とその国民に対する絶対的支配を示す日本軍の戦略でもあったという事実です。

以上の考察から、わたしは軍事性奴隷制の史実の確定、および、被害者たち経験を精査するための基本的な原則と方法を次のパラダイムまとめてみました。

1) 被害者の証言が一次資料とされること。
官製の記録は重要な補助的資料の一部ではあるが、それに基づいて「日本軍性奴隷制」の歴史を織り上げても 「慰安婦」問題の本質に接近することはできない。

2) 史実の確定とは、被害者の尊厳と名誉の回復を目的とすること。
「慰安婦問題」なぞ存在しないことを証明しようとする者に対して、犠牲者が心を開いて恥辱の経験を物語るはずはありません。そのことは藤岡信勝のジャカルタ訪問で実証されています。なぜなら、苦難の歴史は共感において書かれるものだからです。このことは、未来世代に向けた記憶として、この苦難の歴史は「書き残さねばならない」という共感を出発点としているはずです。わたしがここで言う「共感」とは歴史のリアリティーに出会った者の感性です。言うまでもなく、客観性は重要ですが、それは歴史の叙述の出発点には決してならないのです。

3) 被害者を優先的に選択する価値判断を歴史研究に導入すること。
圧倒的な差別的条件を今も抱えている弱者に対するこの配慮は、「優先性」であって「排他性」ではありません。歴史学の「学問性」を口実に、現実に叫び声をあげている被害者の尊厳と名誉の回復に目をつぶることは学者に許されてはいないのです。

4) 被害者の証言の主観性は歴史解釈の重要な基準とされること。
被害者の証言は、それ自体で「史実そのもの(historical fact)」であるとは言えませんが、だからと言って、史実と分離してはいけません。なぜなら、人間の経験とは、縦糸としての≪史実≫と横糸としての≪証言≫がひとつの織物となった、集合的な想像力の源泉から構成されていくものだからです。女性たちの証言は、歴史そのものの世界に分け入ろうとする最良の狭き門なのです。

5) 証言の理解には、多くの場合、ロゴス(理知)よりもパトス(共感・同情)が優位を占めねばならない。
しばしば、「科学的方法」による歴史解釈が、被害者たちの証言を軽視する事態を起こします。このことは科学的方法が必ずしも有効な解釈を保証するわけではないことを明らかにしている。私たちは次のロゴスとパトスの関係に注意しなければならない。ロゴスはパトスによって生かされ、パトスはロゴスによって正しい方向性を与えられるという相互補完の関係が成り立っている。

6) 被害者の証言に関する解釈はノン・ポリティカルでなくポリティカルであるべきだ。
デモクラシーが民衆の社会参加を意味するのであれば、被害者とその証言は政府によって充分に認められ、配慮されねばならない。このようにして、真に民主的な社会は、政党やそのイデオロギーによってではなく、民衆によって、民衆のために、その歴史を構築することになります。したがって、当然のこととして、「慰安婦」被害者の問題は、国家の謝罪と賠償によって解決されなければならないのです。

おわりに
端折った報告になりましたが、25年におよぶインドネシアの「慰安婦」被害調査から学んだ事柄の一端を分かち合わせてもらいました。この度のユネスコの決定の回避は、おそらく、以上の応答批評的方法(Critical Response Method)の基本的な原則がユネスコ関係者の間で共有されていなかったこと、さらに、その隙間を狙ってきた日本政府に政治的介入を許してしまったことなどの原因は、このあたりに、あったのではないでしょうか。


ご静聴ありがとうございました

The Critical Response Method
To the “Comfort Women” Issue Based on the Survey in Indonesia
In Seoul, 2017/11/17
Rev. Dr. Koichi Kimura, Th. D.
Introduction
Toshiba, a major corporation with 190,000 employees, committed an accounting fraud (loss cover-up) and faced bankruptcy in handling nuclear power plant business. One journalist who has been covering the fraud interprets that the firm had caused irreparable harm by hiding off-the-book debts and putting off solving their problem.

What about the Japanese government? It has similarly concealed the history of the Japanese military’s crime of sexual slavery “off the books.” Its criminal technique is identical to that of Toshiba. For this reason, it is not only difficult for Japanese citizens to obtain material to make an accurate judgment on the “comfort women” issue, but what is more, the government even appears to be utilizing the ultra-nationalists’ tampering of historical facts. Yet history teaches us time and again that although national crimes may be concealed “off the books,” they still must be settled one day.

I learned the principles and methods of investigation through surveys of the “comfort women” survivors in Indonesia. In short, in order to approach the essence of this issue, we require the indispensable values of empathy and imagination. The researcher must use his/her imagination to draw the pain and cries of the survivors to him/herself as much as possible as he/she listens to and takes down their testimonies. In doing so, the researcher must walk the path of reconstructing the historical facts of this “military sexual slavery system” from the perspectives of the survivors whose dignities as women have been so blatantly violated.

During my research in Indonesia, I was inspired by the methods of the Asian “theology of the people” and the Latin American “theology of liberation.” I realized that, as a Japanese, no “neutrality” or “value freedom” exists for me regarding this issue. What is more, as fellow human beings, the Japanese people are called on to empathize with the cries of the victims and respond to this issue historically. This is because this was not some natural, spontaneous phenomenon, but rather, a deliberate scheme created by those who devised and implemented this policy.

By military organizational power, this systematic violence replaced male-female sexual relations with a master-slave relationship of domination and subjugation. This organizational rape, which binds women in fear, became a weapon that allowed soldiers to arbitrarily control their dominance over the “female slaves.” It was in such a situation that the women, who had no way of evading the exercised power, were confined to their cells of shattering humiliation and repulsion.

An authentic sexual relationship between a man and a woman is born when they face one another and strip down their existence within the personal relationship of “you and me.” However, nothing in the relationship between “masters” and “the women” can be called such a genuine sexual relationship.” Rather, this is the ultimate violence called rape. One truth emerges from this point. It is the fact that the Japanese military slavery system was not only a mechanism that served as an outlet of soldiers’ sexual desires, but it was also a Japanese military strategy to assert absolute control over its occupied territories and citizens.

Based on the above considerations, I have summarized the fundamental principles and methods in the following paradigms to clarify the historical facts of the Japanese military sexual slavery system and to examine the victims’ experiences.

1) The victims’ testimonies must be acknowledged as the primary source.
Government-level records constitute a part of important supplementary documentation, but the history of Japanese military slavery based only on such material does not reveal the essence of the “comfort women” issue.

2) The determination of historical facts must be aimed at restoring the dignity and honor of the victims.
Survivors of the abuse would not open their hearts and share their experiences of humiliation to those who wish to prove that the “military comfort women issue” does not even exist. This truth is demonstrated by Nobukatsu Fujioka’s visit to Jakarta, in which he attempted to meet some victims. The fact is that the history of suffering is written down through empathy; it is with empathy that the process of recordation begins, with the urge that one must transcribe an ordeal, as a remembrance for future generations. The empathy that I mention here is the sensitivity of those who have encountered history’s reality. Objectivity is important, but it can never be the motivation for the documentation of history.

3) Value judgment as the axiom “preferential option for the victims” must be incorporated into historical research.
This consideration for the disadvantaged, who continue to suffer overwhelmingly discriminatory conditions, is a “priority” and not “exclusionary.” Scholars are not permitted to turn a blind eye to the restoration of dignity and honor of the victims who are crying out in actuality, on the pretext of the “academic nature” of historiography.

4) The subjectivity of the victim’s testimony must be regarded as an important criterion for historical interpretation.
The testimonies of the victims are not “historical facts” in themselves, but at the same time, they cannot be separated from historical facts. This is because human experience is composed from a spring of collective imagination; it is like a piece of fabric where “historical fact” is the warp and “testimony” is a weft.  Therefore, the women’s testimonies are the most ideal “narrow gates” through which we may attempt to enter into the world of history itself.

5) Pathos (empathy and sympathy) must often predominate over logos (reason, sense) in many cases for understanding the testimonies.
Historical interpretation through “scientific” methods often disregard the victims’ testimonies, and this reveals that scientific methods do not necessarily guarantee valid interpretation. We must pay attention to the following mutually complementary relationship between logos and pathos: logos is given life by pathos, and pathos is given correct direction by logos.

6) The victims’ testimonies must be interpreted politically, not non-politically.
The term “political” here does not signify party politics or bureaucratic politics or profit politics. If democracy is the participation of the people, then the victims and their testimonies must be regarded and acknowledged in full by the government. This is how a truly democratic society must build its history by and for the people, not by or for any political party or ideology. Therefore, as a matter of course, this issue must be resolved through national apology and compensation.

Conclusion
This has been a short report, but I have shared with you some of the most vital matters that I have been learning over the past 25 years from the continuing survey on Indonesia’s “comfort women.” UNESCO’s avoidance on reaching a decision this time is most likely because its stakeholders do not share the basic principles of the Critical Response Method that I have just outlined. What is more, UNESCO allowed the Japanese government to intervene politically. 

Thank you for your attention.

2017年11月22日水曜日

安倍市長、大阪市長に加担、SF市長に拒否権行使を要請

安倍市長は大阪市長に加担、SF市長に拒否権行使を要請したことが今日の朝日新聞で報道されています。


朝日新聞 11月22日

許せない内政干渉
これは、サンフランシスコ(SF)市議会が民間が制作した少女像の寄贈を受け入れる議案を満場一致で議決したことに対して、大阪市長はSF市長に対して拒否権を行使することを要請し、それを実行しない場合は、大阪市とSF市の姉妹都市を解消すると「脅かした」ことに安倍首相が加担したことを意味します。
これはサンフランシスコ市議会が自主的に議決したことに対する許せない内政干渉です。ましてや、SF市長に市議会の議決した内容に対して拒否権の行使を要請するとは、身の程知らずというか、内外に対して自分の思うことはなんでも押し付けるというたちの悪さを表しています。私はどうしてこのことに対して、日本のマスコミ、市民が黙っているのか、全く理解できません。トランプが日本の国会決議に対して「自分の立場と相容れないので」安倍首相、国会の決議に拒否権を行使してほしいと正面から要請してきたら、それでも日本のマスコミ、市民はそれを黙ってみていいるのでしょうか。まあ、安倍ならやりかねないと思って、見過ごすのでしょうか?

大阪市長の姉妹都市解消発言の本質
朝日新聞が当初から姉妹都市解消という行動より対話を求め、大阪市の行動は安倍首相のこの間の考えと同一視しているとの指摘がまさに当たっていたことになります。
私は昨日のブログで、「これは戦前の植民地支配の正当化と、戦後の新たな歪められた歴史観に基づく世界戦略のはじまりだと思われます。」と書きました。
  大阪市のサンフランシスコ市への「宣戦布告」!
  http://oklos-che.blogspot.com/2017/11/blog-post_21.html
これは大阪市長、大阪市民の問題にとどまらず、今後の日本はいかにあるべきかと、過去の植民地支配の清算をいかに行うべきかという問題であることが明確になってきました。皆さんのご意見をお願いします。


FBに寄せられた意見 以下、私のFBに寄せられた意見の一部を匿名で公表します。

 KSさん: 相手の自己決定権を否定する強圧的な思想の持ち主ですね、内政も外交も。

THさん:極めて遺憾です
Kさん:良心の狂った人間が正しい歴史認識を持ってるはずがない。戦争犯罪者及び麻薬王たる岸信介の孫らしき発言だ!!!!
OEさん:「極めて遺憾」なのは安倍首相、あなたの歴史観・世界観・欺瞞に満ちた道徳観です。
Mさん: 慰安婦問題は、日本が戦前に犯した恥ずべき行為と認識します。そして、憎しみの表現がいつまでも続くことを、悲しく思います。
Tさん:日本は孤立化し自滅するでしょう。それに気づかない愚かな連中です。



2017年11月21日火曜日

大阪市のサンフランシスコ市への「宣戦布告」!

大阪吉村市長の書簡
大阪市の吉村市長は11月15日にSF市長あてに書簡を送り、市長がSF市議会の「慰安婦」少女像の受け入れ決定に対する拒否権を行使することを求め、それが実行されない場合はSF市と大阪市の姉妹都市関係の解消を明記しています。これは実質的な「宣戦布告」です。SF市長は吉村市長の要望を受け入れることはないでしょうし、SF市民が大きく反発しないはずがありません。大阪市は世界の笑い者になり、世界から孤立を余儀なくされるでしょうし、万博を誘致に決定的なマイナス要因になるでしょう。

参考資料として後段で、吉村市長の書簡と、彼に対する大阪市民の反応を掲載します。川崎市も大阪市同様に海外の都市と姉妹都市関係を結んでいるので、川崎がどのようにそのことを決定したのかも詳しく聞きました。比較のためにこの点も紹介します。


  現地情報:サンフランシスコからの緊急の依頼に対応しませんかーー

  大阪市長の姉妹都市解消の「脅し」に対して

    http://oklos-che.blogspot.jp/2017/10/blog-post_28.html

SF市長がSF市議会の決定に拒否権行使を求める書簡の送付
私は今日の午後、大阪市の担当職員に電話をして、大阪の吉村市長が米国サンフランシスコ市長に送った、11月15日付けの書簡について日本語に翻訳して公開されていないのかの確認をしました。そうすると昨日、アメリカでその手紙を受け取ったことが確認できたので、今日、HPにあげたということでした。

SF市議会では「慰安婦」少女像の受け入れを正式に決議しているので、吉村市長による手紙は、「姉妹都市関係を根本から見直さざるを得ない、即ち姉妹都市関係の解消を申し入れることにな」ります。「しかし10日以内であればSF市長は議会で決定されたことでも拒否権があるので、今こそリー市長の拒否権行使という思慮深い英断を強く望む」ということが述べられています。

それではそもそも大阪市とSF市の姉妹都市の締結はどのような手続きを経たものなのか、またその解消にはどのような手続きが必要なのか大阪の議会事務局と国際担当の職員の話を聞きました。

大阪市職員の説明
①SFでは、1957年、市議会が大阪市との姉妹都市になることを承認し議決した。
②一方、大阪市は姉妹都市締結に関する条例がないので、議会での議決は必要なく、姉妹都市の締結に関しては、先例上、市長が各派の幹事長会議との協議で決めたものであり、その解消手続きについては定められた条例も、先例もない。
③吉村市長は先の手紙でSF市長に書簡を送り拒否権行使を依頼したものの、それがSF市長から拒絶された場合、実際に大阪の各派幹事長会議にかけて「協議の成立」を求めることになるが、その幹事長会議(議会)は60年の歴史があるSF市との姉妹都市関係の解消を決定するなんら権限はなく、会派の中で「解消」に反対意見があっても、実質上、市長の意向で決まることになる。

私の意見
1)吉村市長はおそらくSF市長に会いに渡米し、最後のメンツを賭けたボス交を求めると思われます。そこで碑文の内容の変更を求めるのか、拒絶されるのかはわかりません。私見では、碑文の訂正にはSF市長は応じないでしょう。そしてその結果をもって、大阪市長は各派の幹事長会議との「協議」をするでしょうが、それは実質的には「報告」であり、市長は自説を強行するものと思われます。
2)大阪市の国際担当部に来る市民からの意見は、圧倒的に市長を支持するという内容のようです。
3)吉村市長は、国際万博を招聘するという大プロジェクトを前にしてこの案件をいつまでも引き延ばすわけにはいかないので、年内にも早急に結論を出さざるをえなくなると思われます。またこの「慰安婦」問題で世界の女性の人権問題、歴史問題を喚起することを避けたいと思うでしょう。
4)大阪市議会がこの件に関して法的に対応できないのであれば、後は大阪市民が市長のリコールを求めるしかありません。
5)それは実質的に困難であれば、運動側としては、万博の大阪での開催に反対する国際運動を展開するしかないというのが、私の判断です。

参考資料:
1)大阪吉村市長からSF市長に送られた書簡
2017年11月15日  
サンフランシスコ市長 エドウィン・M・リー 様   

貴殿には常日頃より大阪市との姉妹都市交流にご尽力いただき、厚くお礼申し上げる。 先月には30名もの貴市代表団にご来阪いただき、多くの大阪市民と親しく交流すること ができた。 

一方で、11月14日のサンフランシスコ市議会にて、議案171070「寄付収受と 歳出-慰安婦正義連盟-芸術作品の寄付と「慰安婦の」強さの柱と題された芸術作品の維 持にかかる基金-寄付評価総額39万8千ドル」が採択されたと知った。私はこの間、慰 安婦像及び碑が貴市に移管されることのないよう、重ねてお願いしてきた。10月には像 と碑が設置されている民有地が公有地に移管されたところで、それに続いての今回の市議 会の決定を私はこの上なく遺憾に感じている。 

本年は姉妹都市提携60周年という記念すべき節目の年である。姉妹都市とは強固な相 互信頼に基づいた関係と認識しており、このタイミングでの貴市の動きは両市の信頼関係 を根本から揺るがす事態であると考える。本市にはサンフランシスコに慰安婦像が設置さ れることへの懸念を示す意見も寄せられており、もしこのまま同決議が成立した場合、9 月29日付の書簡で述べたとおり、苦渋の選択ではあるが、姉妹都市関係を根本から見直 さざるを得ない、即ち姉妹都市関係の解消を申し入れることになる。 

繰り返し申し上げているとおり、私は長年培った貴市との関係を継続したいと切望して いる。現地コミュニティの分断や姉妹都市関係へのネガティブな影響を回避し、両市が1 957年の提携以来構築してきた友好関係を未来世代につないでいきたいと考えている。 サンフランシスコ市長は議会の採択に対して拒否権を持っており10日以内であれば反対 を表明することができる。今こそリー市長の拒否権行使という思慮深い英断を強く望むも のである。 

本来であれば、直接お会いしてお願いすべき事柄であるが、11 月 13 日に面談を申し入れ たところ、貴殿の都合がつかないとのことであるので、このように書面でお願いする非礼 をお許しいただきたい。 

なおこの書簡については、これまでの書簡同様、サンフランシスコ(SF)市民及び大阪市民に 広く知っていただきたいとの趣旨で、公開書簡とさせていただく。 

大 阪 市 長  吉 村 洋 文 

(参考和訳)(大阪市のHPより引用:http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000417243.html)

2)川崎市の場合(総務企画局総務部庶務課(国際担当)職員からのヒアリング)
①川崎氏の場合は独自に川崎市議会基本条例を設定し、姉妹(友好)都市提携する場合は議会が議決することを明記
している。
  (議決事件)
  第8条 地方自治法第96条第2項の規定による議会議決すべき事件は、次のとおりとする。
  (3)姉妹都市若しくは友好都市の提携又はこれらに類するもの
②市議会が議決して姉妹都市締結の予算化などを決定する。
③解消に関しては先例はないが、条例で「姉妹都市若しくは友好都市の提携又はこれらに類するもの」としているので、この「類するもの」として姉妹都市解消も決議の対象になる。

3)サンフランシスコ市での慰安婦像設置について(20件)ー大阪市HPより
  http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000397063.html


市民の声

主なご意見
(1) 大阪市長からの書簡送付について
・大阪市長からサンフランシスコ市長あてに公開書簡を送付した件について、心から敬意を表すると共に、感謝申し上げます。
・サンフランシスコ市への抗議の姿勢を支持します。
・大阪市長が姉妹都市のサンフランシスコ市の慰安婦像への対応について懸念を示され、文書にて慎重な対応を申し込まれたのに対し、サンフランシスコ市から十分な調査なく返信が来たことに失望しています。その碑文内容の事実確認は行われていないように感じます。
・大阪市長からサンフランシスコ市長あてに公開書簡を送付されましたが、なぜ、サンフランシスコ市へ訪問した際に、話をしなかったのでしょうか。
(2) サンフランシスコ市への今後の対応について
・大阪市においても、持てるチャネルを通じて、不当な行為を排除する措置を継続されることを強く望みます。
・大阪市長からサンフランシスコ市長あてに公開書簡を送付した件について、サンフランシスコ市が誤認していると、正しく指摘する必要があります。何度でも繰り返し指摘してください。歴史の事実を直視せよと主張してください。これは、事実を知らしめる良い機会でもあります。あやふやな態度は認めることになります。
・サンフランシスコ市長は、「慰安婦像に記載されている文言は事実に基づいている。」と言っているが、不適切な表現があるなら、慰安婦碑の撤去を要請してもらいたい。
・サンフランシスコに設置される慰安婦像の件について、毅然とした態度で臨んでください。
・大阪市長からサンフランシスコ市長あてに送付した公開書簡への返信において、「碑文の文言が事実に基づいており、真の目的を伝えている。」との返答があったと報道されているが、これで引き下がらないでいただきたい。何を持って事実と認定したのか尋ねてください。
・姉妹都市のサンフランシスコ市で慰安婦が建設されるとのことですが、大阪市から建設しないように働きかけなどを行っていただきたい。
・大阪市長がサンフランシスコ慰安婦像設置に関して抗議文を出され、「事実だ」との返答があったとのことでしたが、何もしないと返答内容を認めたことになるので、ぜひ反論してください。
・大阪市はきっぱりと反論、正論を述べ、必要なら姉妹都市解消でもよいのではないでしょうか。
・サンフランシスコ市との姉妹都市提携を速やかに解消して欲しい。
・断固たる処置として、「サンフランシスコ市との姉妹都市提携の解消」という強いメッセージを送るべきです。
・今後のサンフランシスコの対応いかんでは、大阪市としても姉妹都市解消を視野に入れた対応を望みます。
・サンフランシスコと姉妹都市である事の意味は、それほど重要ではありません。
・このまま姉妹都市提携を続けることは、サンフランシスコ市がやっていることを黙認、または肯定していると受け取られます。
(3) その他
・これを機会に大阪市としても国を動かし、国と協力して慰安婦の実像を調査し、その結果を公表する活動をお願いします。
・サンフランシスコ市の慰安婦像に記載されている文言が事実でないなら、名誉棄損でサンフランシスコ市及び市長を告訴してもらいたい。
・是非向こうの裁判所に提訴し、黒白を付けていただきたい。
・主張すべきことをしないと相手の主張を認めることになるという国際常識があるため、大阪市が主張しなければ慰安婦の実態を国際的に認めたことになります。
【平成29年2月6日から平成29年2月17日までに受け付けた案件です


2017年11月20日月曜日

大阪市長の、サンフランシスコ市への姉妹都市解消提起の意味すること

南京市はサンフランシスコ(SF)市が、SF市民たちが制作した日本軍「慰安婦」の少女像を正式に市議会で受け入れることを議決したことに抗議して、大阪の吉村市長がSF市との姉妹関係を年内にも解消するとやっきになっています。

朝日の社説の主張
朝日新聞は読売新聞が「姉妹都市解消はやむを得ない」と社説で主張するのに対して、11月19日の社説で、大阪市の姉妹都市解消の動きを「冷静さを欠いている」と批判的に書いています。「「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべき」であり、「外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一に」していると捉えています。「韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた」のですが、「ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。」という結論になっています。

朝日新聞は安倍政権や橋下前大阪市長や現吉村市長の主張の内容に関しては論評せず、「国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。」ということで、交流の重要性を説いています。そのとおりでしょう。そして名古屋の河村市長が「戦時中の南京事件はなかった」という発言に南京市は交流停止をしたが、日本側は「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた」のです。今回大阪市はこれと反対のことを大阪市がやろうとしています。やはり、歴史観が問題になるしかないではないでしょうか。朝日新聞もそこは逃げずにしっかりとして歴史観を明記すべきでした。

しかし日本の政治は大阪、名古屋、東京の首長だけでなく、首相までが世界的には顰蹙を買う歴史認識を欠如させた発言をしているにもかかわらず、日本国民の支持をうけています。実に嘆かわしい。このリベラルであることを標榜する朝日、毎日、赤旗に至るまで、日本のマスコミは、日韓両政府の、「慰安婦」とされる当事者の意向を無視した「合意」の正当性を説き、それに反対する韓国市民や新大統領の動きに対して批判的です。この両国の溝は、日本の植民地支配に対する根本的な認識の違いから来るものと思われるのですがいかがでしょうか。

SFの少女像の碑文内容

「私たちにとってもっとも恐ろしいことは、第二次世界大戦中の私たちの痛ましい歴史が忘れられてしまうことです。」——-元「慰安婦 」

この記念碑は、1931年から1945年まで日本軍によって性奴隷にされ、「慰安婦」と呼ばれたアジア太平洋地域13ヵ国にわたった何十万人の女性と少女の苦しみを表しています。その女性たちの大多数は戦時中囚われの身のまま命を落としました。この暗い歴史は、生存者が勇敢に沈黙を破った1990年代まで、何十年も隠されていました。生存者たちの証言が世界を動かした結果、戦争手段としての性暴力が人道に対する罪であり、加害国の政府が責任を負わなければならないと国際社会が宣言することとなり
ました。

この記念碑は、これらの女性たちの記憶のために捧げられており、世界中での性暴力や性的人身売買を根絶するために建てられたものです。
「慰安婦」正義連盟 寄贈

碑文で問題にされた個所
この碑文の内容に在SF総領事や大阪市知事が歴史の歪曲、嘘があると言い、少女像の撤廃を求めているのですが、一体、この碑文のどこに歴史の歪曲、嘘があるのでしょうか。問題になっているのは、以下の個所です。
1)「日本軍により性奴隷にされ」た「何十万人の女性と少女の苦しみ」
2)「その女性たちの大多数は戦時中囚われの身のまま命を落とし」た
3)「戦争手段としての性暴力」

「性奴隷」という単語に関しては国連で日本政府は抗議したのですが、Sex SlaveでもComfort Womenのどちらでも同じことです。日本軍の海外侵略のために兵士の性のはけ口として女性を引っ張り回して利用する制度を作ったのは日本の軍隊であり、植民地支配下にあっては日本の手先になる朝鮮人もいたでしょう。軍による「強制」はなかったと言うのも、それは秦たち一部の学者の調べた範囲内のことであり、インドネシアやフィリピンなどの実例からして、朝鮮半島で軍の「強制」はなかったと断定できるはずがありません。

そこから慰安婦問題はなかった、彼女たちは売春が認められている時代にあってお金のために売春婦になったに過ぎないなどど言うのは、為にする言い草であり、とんでもない時代錯誤の認識です。それこそ歴史の歪曲であり、日本の過去の富国強兵政策の正当化であり、またしても日本の誤った道を意図的に歩もうとすることでしかないのです。そもそも軍隊がこんな制度を考え出し彼女たちを「戦争手段」として使おうと策略したのでなければ、どうして彼女たちが船や陸路、軍隊について行けたのでしょうか?他国の植民地支配、女性を性の道具として扱うこと自体が世界的に問題になっているのがわからないのでしょうか。

SF市との姉妹都市解消をいくら大阪市が強要し、日本政府が後押ししようともSF市が認めるはずもなく、少女像はますます全世界的に作られていきます。日本の孤立はますます深まり、世界中の笑い者になるだけです。このことがどうしてわからないのか、私たちは選挙権はなくとも日本で生活する、日本社会の構成員である外国籍の住民として、実に、嘆かわしく思っています。






2017年11月19日日曜日

吉見義明著『草の根のファシズムー日本民衆の戦争体験』を読んで

吉見義明著『草の根のファシズムー日本民衆の戦争体験』(東京大学出版会 1987)を読みました。

吉見さんはあとがきでワイツゼッカー演説「過去に目を閉じる者は現在に盲目となる」とヘルムート・シュミット「友人を持たない日本」取り上げています。

ヘルムート・シュミット「友人を持たない日本」
「日本はいかなる国とも、欧州共同体同士、または欧州諸侯区と米、カンダとの関係に比べられるような緊密な関係をもっていない。・・・ドイツ人は、その最近の過去と、また未来について、厳しく分析する必要があると痛感した。つっこんだ自己分析を行い、その結果、自己の非をきちんと認めるに至った。ヒトラーの支配に苦しめられた近隣諸国にも、そのことをだんだんとわかってもらえた。しかし、日本がこうした自己検証をしたとか、それ故、今日の平和日本を深く受け入れるとか、東南アジアではそんな話はまるできかない。」

吉見さんは、「これらの指摘は、残念ながら当たっているというほかないであろう」としながら、「これらの発言を、日本民衆への励ましとしてうけとめ、・・
自己の研究を進めていき、その過程で、日本民衆の戦争体験記類やジャーナリスト・研究者などの調査、研究の中にシュミット前首相のいう自己検証を行っているものが少なくないと気づいた。」と書いています。

著作の中ではじつに多くの手記が紹介されており、著者はそれらを丹念に拾い上げ、冷静に天皇制ファシズムがどのようして戦争に批判的になった民衆によってさえ支えられてきたのかを分析します。この著書の最大の長所は実に、この民衆の様々な意見を集め、読み解いたところにあると言えましょう。そして最終の章で自分の見解を明らかにします。少し長いですが、引用してみなさんに紹介します。

吉見さんの主張
「日本人は、敗戦の反省から、欧米のデモクラシー、アメリカの経済的繁栄をとりいれようとし、軽武装平和国家の下での経済発展という二十世紀の新しい実験を行ったのである。このような試みは、民衆的体験に根ざしていたために、社会のすみずみに浸透することができた。」

「しかし、以上のようなものを産み出した戦場や焼跡における日本民衆の原体験の持つ意味は、十分に吟味されないまま、次第に見失われつつあるようにも感じられる。このような事態は、戦後40余年という時間の経過とともに生じてきたが、その背景には、これまで検討してきたような、戦争反対・平和意識の定着の裏側での「聖戦」観の残存、戦争協力に対する反省の中断、主体的な戦争責任の点検・検証の欠如、アジアに対する「帝国」意識の持続の」といった、多くの日本人に共通する意識・態度があったのであり、この意識・態度と最近の事態とは深い関係があるように思われる。」

「さらに、戦後世界の中で、日本人は、国家レベルにおいては、周囲の諸国民との心からの和解、かつて支配・抑圧し、戦争のために動員した諸民族への償い、国内の少数民族・少数者の権利の確立、といった点に関しては、ほとんど達成することができなかった。このことも日本人の戦争責任観や「帝国」意識と無関係ではない。」

「しかし、民衆レベルで、戦争に対する真摯な点検・検証、反省を行った人々、あるいは行いつつある人々が少ないことは、このような問題を日本人自身が解きほぐす糸口をみいだし、この問題の解決に寄与しようとしている現われである。このような意味で、日本民衆が戦争の深淵の中の一瞬一瞬に気づいた貴重なひらめきや発見、そして戦後の点検・検証・反省の数多い事例が、拾い集められ、検討されていくことが、今こそ必要になっているのではないなかろうか。」

私の意見
この本が1987年、30年前に出版されたことを考えると、実に有意義な本だといえます。実際は著者の期待とは逆の方向に日本は進んできました。このことはその後の慰安婦問題での彼の活躍を考えると、この本の再販がなされるのであれば、著者はきっと厳しい内容の文書を書くのは間違いないと思われます。

既に著者は、日本は戦後日本の「平和と民主主義」を受け入れたように見えながら、民衆の貴重な意見が「十分に吟味されないまま、次第に見失われつつあるようにも感じられる」と記しており、「平和と民主主義」が空洞化されかかっている実態を見ており、その原因は、日本人の「戦争反対・平和意識の定着の裏側での「聖戦」観の残存、戦争協力に対する反省の中断、主体的な戦争責任の点検・検証の欠如、アジアに対する「帝国」意識」」にあると看破しています。然しそれでも期待をもって、戦争中の民衆の「貴重なひらめきや発見、そして戦後の点検・検証・反省の数多い事例が、拾い集められ、検討されていくこと」がなされればと願っているように思えます。

しかし30年経って、著書が願うようには戦後の民衆の次代に伝えるべき内容は伝わらず、戦争責任は曖昧にされ、「帝国」意識は新たな形で再生拡大されてきています。この現象をどように捉えるのかが実は、日本の現実・将来のあり方に決定的に重要になってきています。私は戦後の日本の状況を、戦前の植民地主義が清算されず、戦後は、新たな「植民地のない植民地主義」(西川長夫)になっていると考えています。原発体制こそ、まさに植民地主義であると捉えるならば、30年前にこの本が書かれた時にすでに、戦後の植民地主義は台頭していたと見るべきであったのです。

占領下でGHQが日本の非戦と民主化を図ったことは事実です。朝鮮戦争とともに日本は戦前の日本を踏襲するようになったと思います。そう考えると、戦後日本が「平和と民主主義」社会になったという「嘘」は、作為的なものであったのだと思います。どうして戦前の民衆の貴重な意見が次世代に伝わらなかったのか、この点を改めて吉井さんと話し合い徹底的に点検する必要があるのではないでしょうか。

アジアの人たちと日本人との真の対話は困難 戦後の日本は「平和と民主主義」国家と自負する日本の若い人の中で、中国や朝鮮を植民地支配した事実さえ知らない人が多くなっています。そして慰安婦問題を当事者の女性の嘘であったとか、世界どこでも慰安婦はいた、強制連行はなく、お金を目的に慰安婦になったのだという日本人が増えています。これではアジアの人たちと日本人との真の対話は困難だという思えます。

この数日の話では、20万人の女性が「強制的」に慰安婦にさせられたというサンフランシスコ(SF)市が採択を決定した少女像の碑文内容は歴史的事実ではない、SF市が撤去しないのであれば、大阪市はSF市との姉妹関係を解消すると大阪市長がクレームをつけています。私のFBに大阪市長に賛同する人がまた多くいます。いったい、この内向きの、歴史を直視せず、自分の思いが正しいと妄信する偏狭なナショナリストが増えてきていることをどう理解すればいいのでしょうか。しかし残念ながら、これは大阪市長だけの問題ではなく、東京都知事、名古屋市長も同じと考えてもいいでしょう。

どうしてそのような首長が選ばれるのでしょうか?戦争を体験したり、戦争の悲惨さを学んだはずの戦後生まれの日本人は、このようにして自ら世界から孤立をしていくのでしょうか。SF市民からのメールでは、大阪市とSF市の姉妹関係が解消されたら、市民同士の姉妹関係を結ぼうではないかと提案が来ています。

この大阪市長の動きをどう捉えるのか、私たち選挙権を持たないが市民として日本社会で生きている外国人としては、とても気になるところです。みなさんのご意見をお願いします。



2017年11月14日火曜日

柳美里の本をお勧めします。

柳美里著『国家への道順』(河出書房 2017)をお勧めします。
日本人社会の歴史に対する感性、認識の欠如を指摘するのですが、それは自らの経験を基にして、福島への思い、朝鮮半島の分断、戦後の在日の生活実態に、自らの生き方を反映させたものです。何よりも、彼女が対話を重視することに私は共感します。私がメモした部分を紹介します。

福島について
彼女がフクシマ事故以降、彼女が福島に住まないと福島について書けないと家族で移住したことを知りました。

「故郷を追われた彼らの存在が、私の心を占有し、そこに私が身を寄せるのは、おそらくわたしが朝鮮戦争によって故郷を追われ、今も分断されたままの故郷を持つ「在日」だからです。」この感性、行動力、そして彼女の中では必然性がある、この「飛躍」に私は強く、共鳴しました。

対話について
「対話とは何か。
対話によって相手に同調する(相手を同調させる)ことを目指すのだと誤解されがちですが、双方の間の断絶(隔たり)を直視しながら、言葉のやりとりによってその断絶(隔たり)を踏み越えるための共通平面を探り合うーー、それが対話なのではないかと、私は思うのです。」柳美里『国家への道順』(河出書房出版 2017) 98頁。
「もちろん、自己の思想なり立場から一歩も出ないというような頑なな態度を取り続ける限り、対話は成立しません。それは、ただの対立であって、対立からは相手に対する理解は生まれず、侮辱や憎悪を徒らに増長させるだけです。自己から出発して他者に向かうーー、その方向をもちつづけることを基本姿勢としない限り、対話は成立しません。」
「昨今の朝鮮半島情勢に関する日本のマスコミ報道で欠けているのは、その姿勢だと思うのです。」

日本人が知らないこと、知りたくないこと
(朝鮮人特攻隊員、遺族年金がもらえないこと、靖國神社に祀られているBC級戦犯(日人軍人)として絞首刑に処せられたことなど)日本人の大半は朝鮮人の存在を知らないのです。」「知りたくないから知ろうとせず、、知らせたくないから知らせなかった結果なのでしょうが、あまりにも知らな過ぎるーー。」「日本人が知らないこと、知りたくないことを、どうしたら知らせることが出来るのかを、私は考えています。」「どうしたら、目や耳を覆っている手を下ろすことが出来るのかをーー。」

「最悪」に黙従しないために
これは柳美里の最後の章で書かれた最後の文書です。
「「最悪」とは、人間が自己の利益にのみ目を奪われ、他者の悲惨や苦痛に無関心なことだと、わたしはおもいます。」

おわりに
柳美里は、国民国家とは何かを記し、「人」や「人間」を大事にしていく姿勢を「はじめに」と「おわりに」で語ります。
「国民国家(nation-state)とは元々フランス、イギリスなどの西洋近代が生み出した概念で、国民nationとは、単一民族ない同質的集団という前提にに基づいていて、多人種や多民族や他宗教に対する差別や排斥の危険性を内包しています。」
「明治期に欧米文化を輸入したことによって始まった中央集権的な国家主義に終止符を打つことはできないのか。偏狭な愛国主義を、おおらかな郷土愛に戻していくことは出来ないのか。」
「それが実現できれば、他者である在日外国人や他宗教を信奉する人の他性を身近なものとして感じることが出来るのではないかーー。」

もちろん、柳美里は無条件に福島の地域住民に感情移入しようとしているのではないのです。すぐに排外主義に転じる住民がいることもよく知っています。

私見
多くの著名な研究者が言わない、言えないことをどうして彼女はそのハードルを軽々と超えたのでしょうか。それは、彼女が自分の経験から体得した感性を信じ、そこに集中し思索を深め、人と会い、現実を直視し、そこから何らかの行動を起こそうとしてきたからではないのでしょうか。私が彼女に共鳴するのも、私もまた同じような失敗を繰り返しながらも、同じような方向を志ざして歩んできたからだと思います。柳美里のますますの活躍を祈念します。

私ごとですが、彼女が著書で触れているベルリン・オリンピックのマラソン優勝者の孫基禎は、実はボクシングジムのオーナーであった父とは友人で、私は子供のころ彼から可愛がられた経験があるのです。東京オリンピックに私自身は反対ですが、せめて日本のマスコミはまともに彼の歴史を日本社会に紹介してほしいものです。

2017年11月13日月曜日

東芝への原発事業撤退と原発輸出中止を求める公開質問状


()東芝 代表取締役 綱川智 様
2017年11月11日
日本側  木村公一  代表
韓国側  柳 時京  代表
                 原発メーカー訴訟の会 本人訴訟団
                   崔 勝久  事務局長
                   渡辺信夫(原発メーカー訴訟の会 会長)
朴 鐘碩 (同 事務局長)

原発事業撤退と原発輸出中止を求める、公 開 質 問 状

私たち日韓/韓日反核平和連帯は、「反核平和」を掲げ、戦争と同時に差別と抑圧のない社会の実現を願う市民団体です。私たちは地域社会と被曝労働者の差別の上で成り立ち、人の命と自然の破滅にもたらす原発体制と、安全保障の名目で核兵器による世界支配を進め一部の大国の核兵器保有を認めて原発の輸出を容認するNPT(核不拡散条約)体制の問題点を指摘し、国際連帯運動を進めてきました。
貴社の九州支店とソウル支社を訪れ質問・抗議文を渡し、また貴社の原発輸出を支援する三井住友銀行天神支店も訪れ質問・抗議文を渡しました。
綱川社長におかれましては、去る10月24日に臨時株主総会を終えられ、東芝再建に全力を尽くされておられることと存じます。しかし伝統ある東芝がこのような経営危機に瀕する事態になったのも、元はといえば、日本政府が国策民営化で原発の製造を決定し、貴社が原発事業に関わったことと、貴社が事業の拡張のために米国ウェスチングハウス(WH)社を買収したことに端を発していると思われます。
 福島事故後も貴社は原発事業から撤退せず、さらに経営危機に至った現在においても未だ、原発事業による収益を考えておられるようです。そこで、貴社の今後の原発事業、原発輸出に関する経営方針を明らかにしていただくべく、以下の点をお尋ねいたします。

貴社の原子力事業に関する報道記事を抜粋します。
1.20163月発表の事業計画で、2030年度までに45基の原発新設を受注するとの目標を掲げていたが、「コンストラクション(建設)を含めて受注するのか、タービンなどの機器だけやるのか・・・基数も含めて中期計画で見直す。」2017127 THE PAGE(SNS)
2.2017214日綱川社長らが記者会見し、「土木建築はとらない、受注をしないということで進めていく」、また、原子力事業損失額7,125億円が報告され、以下のような新たな対策を打ち出した。
(1)「課題の対応策~原子力事業のリスクモニタリング」
新たに「社長直属の原子力事業統括部を設定」し、「社長を委員長として、原子力事業監査強化委員会を設定」
(2)「課題の対応策~米国AP1000PJ管理強化」
AP1000PJにおける全体のパフォ-マンス把握・マネージメントを行うことを目的にプロジェクト進捗とコストを管理する適切な管理指標を基に是正対策を実行」
(3)「原子力事業の今後の方向性 海外事業(中国、インド、英国、米国)
燃料・サービス:高収益かつ安定したビジネスとして継続(387億円収益)
新設プラント:今後は土木建築部分のリスクは負担せず機器供給やエンジニアリングに特化」
3.東芝メモリの成毛康雄社長が臨時総会において、「原子力事業への社会的責任を引き続き果たしていく」と報告する(日経11月7日)。

以上の報道から、私たちは、貴社は原発建設の土木建築に関わらないものの、原発事業からの撤退、原発輸出の中止を決断することなく、原発の建設・運営における最も核心的な部分である、タービンの機器や高収益の燃料・ソフトウエアー・サービスなどの供給というかたちで、原発輸出を継続する方針であると理解いたしました。これは海外の市場を求めてインフラシステムの輸出を図る日本政府の方針と一致します。

つきましては、以下の質問に対する明確な回答をお願いします。
.貴社は、タービンの機器や高収益の燃料・ソフトウエアー・サービスなどの供給という
かたちで原発輸出を継続する方針を維持されるのですか。
2.貴社の子会社であったウェスチングハウス(WH)社米連邦破産法11条の適
用を申請する方針を決定したと20173月27日の日経は伝えました。今後、原
発第三世代のAP1000を開発したWH社と貴社の関係はどうなりますか。
3.貴社はWH社がこれまで中国やインド政府と進めていた原発建設プロジェクトに参
加されますか、それとも福島事故の経験から原発事業からの撤退を決意し、原発建設及び原発運営にも関わらないという決断のご検討をされることはないのでしょうか。

御回答は、11月末日までにお願いします。御回答を頂けない場合には、貴社は原発事業から撤退せず原発輸出を継続する方針を示されたものであり、東芝は、原発事業から撤退せず、収益をあげるために原発輸出を継続する方針であると判断したうえで、私たちは日韓/韓日反核平和連帯の見解を公表し、反核平和を求める世界の諸団体に貴社に対してBDS運動を展開することを呼びかけます。
私たちは貴社が歴史的に培った技術を活かし、原発事業から速やかに撤退し、世界の平和に貢献する会社として再建されるように祈念いたします。
回答先:崔 勝久(日韓/韓日反核平和連帯事務局長)

212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬5-35-3